2021年 4月 16日 (金)

園芸療法 岩崎寛さんは植物の力を信じ、同好の士に流布を求める

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NHKテキスト「趣味の園芸」3月号の「心と体にやさしい園芸療法」で、千葉大学大学院の准教授、岩崎寛(いわさき・ゆたか)さんが「植物と暮らす意味を考える」と題して書いている。園芸療法研究者による連載の最終回で、これまで10回の各論をおさらいしながら、草花と触れ合うことの効用を改めて説く。

「人間はそもそも自然の中で生活してきた生物で、自律神経のバランスも免疫系が正しく働くのも、すべて自然の中で機能するように設計されています」

   自然の中に身を置くことで、血圧や心拍数は正常値に近づく。オフィスの観葉植物が仕事中のストレスを軽くし、ハーブを使った料理が人を癒すこともあるという。

   植物との関りで岩崎さんが重視するのは「無意識に接する」こと。その機会を増やすのが研究者の役割であり、「読者の皆さんには、園芸の楽しさを周囲に広げていってくださることをお願いしたい」...間口は狭いが奥が深い、専門誌ならではの訴えだ。

   岩崎さんは10年ほど前、アロマオイルで芳香をつけたマスクを24人の被験者につけてもらい、満員電車のストレスがどれほど和らぐかを調べた。その結果、自分の好きな香りを嗅ぎながら乗車した場合、怒りや敵意といった感情が抑えられ、活気が増す...つまり心理的にはストレスが軽減されることが証明された。

  • 春が深まり、花屋の店先にも彩りがあふれる=世田谷区内で
    春が深まり、花屋の店先にも彩りがあふれる=世田谷区内で
  • 春が深まり、花屋の店先にも彩りがあふれる=世田谷区内で

香りマスクの効用

   「人間は自然の中でこそ正しくストレスに対抗できます...それがマスクにつけたアロマオイルの香りであっても、人は身近に植物を感じることで、元のよい状態に戻ろうとするのです」...だから植物のない環境では、好きな香りをつけたマスクを着用するのも手だ。幸か不幸か今やマスク姿が常識となり、好奇の目で見られることもない。

   もちろん、植物の香りは効用のほんの一部。庭づくりや庭いじりは気分転換になるし、趣味で園芸を続けること自体、漠たる不安を軽くする効果があるそうだ。

「多くの人に園芸を楽しんでもらうためにも、それぞれの必要とするかたちで植物を選び、長く接してもらいたいのです。園芸を楽しんでいるあなたは、すでにその第一歩を歩み出しています...皆さんは、自分がどう植物と接したいのかを改めて考えてください」

   読者のほぼすべては園芸ファンなので、ここまでピンポイントの呼びかけが可能になるのだろう。例えれば先生と生徒、コーチと選手のような関係である。

「育っていく植物に接して生命のすばらしさを感じ、咲き誇る花々に心躍らせ、収穫したハーブを日常に取り入れ、そして枯れゆく葉に時の経過を実感する。その経験のすべてが人を癒やし、毎日の生活を潤いあるものとしてくれるのです」

   誤解を恐れずに書けば、こうなると教祖と信者の関係にも通じるものがある。

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!