2021年 4月 23日 (金)

スタバ「マイストロー」環境省「マイスプーン」奨励 衛生面ちょっと気になる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   使い捨て資材の削減に繋げる動きが増えてきた。スターバックスコーヒージャパン(東京都品川区)は、繰り返し使えるシリコーンゴム製ストロー「リユーザブルストロー&シリコーンケース」を2021年3月17日に発売した。飲み物を「マイストロー」で楽しむスタイルを提案する。

   政府は3月9日に「プラスチック資源循環促進法案」を閣議決定し、小泉進次郎環境相が「コンビニなどで使い捨てプラスチックのスプーンやフォークが配られるということもなくなっていく」と、スプーンなどの有料化を示唆した。繰り返し使える製品への切り替えを促す動きがあるが、ツイッターには「マイスプーン」や「マイストロー」などリユーザブルアイテムは衛生面が気になるとの指摘も多い。

  • スターバックスコーヒージャパンの「リユーザブルストロー&シリコーンケース」
    スターバックスコーヒージャパンの「リユーザブルストロー&シリコーンケース」
  • スターバックスコーヒージャパンの「リユーザブルストロー&シリコーンケース」

ストローの「洗いにくさ」解消法

   ツイッターには、例えば外で使ってすぐ洗えない場合に、汚れた状態で持ち運ぶことで雑菌が繁殖し、食中毒を起こすリスクを危惧する意見がある。対して、「マイスプーン」や「マイストロー」使用後は専用のケースで保管し、ケースと中身をきれいに洗浄し、汚れた状態で複数回使わないように心掛ければよいだけだ、といったアドバイスも見られる。

   今まで、使ったら捨てればよかったものを洗う「手間」が煩わしかったり、洗う習慣がなく忘れてしまったり、結果として「不衛生」な状態になると考えている人が多い。特にストローは細長い構造のため、一般的なスポンジを通せない。洗いにくさから、マイストローを敬遠する層がツイッター上には多いように見える。

   その「洗いにくさ」をクリアする工夫もある。「ユーザブルストロー&シリコーンケース」には、専用の洗浄ブラシが付いている。このほか、キッチン用品ブランド「エジソンスタイル」が販売するシリコン素材の「ジッパーストロー」、は縦に切れ目が入っているため、ストローを開いて内側を簡単に洗浄できる。耐熱温度は200度で、熱湯での煮沸消毒も可能だ。もしマイストローを持つなら、「手入れのしやすさ」で選ぶのもよさそうだ。

   もし手元に洗浄ブラシがなく、水で流すだけでは不安、あるいは熱湯が使えない素材の場合は、花王の食器用洗剤「キュキュット CLEAR泡スプレー」を使って、スポンジフリーに洗う方法もある。同社公式サイト内「水筒・お弁当箱・レジャーシートの洗い方のコツ」を紹介しているページに、スプレーして、約1分置いてすすぐだけで、清潔になると説明がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!