2021年 8月 1日 (日)

毒クラゲ「カツオノカンムリ」大量打ち上げ 刺されたらどんな危険が

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「カツオノカンムリ」というクラゲが、鹿児島県奄美市の「大浜海浜公園」で2021年3月に大量に打ち上げられた。

   このクラゲは毒をもっており、興味本位で触ると危険だ。J-CASTトレンドは21年3月18日、大浜海浜公園内の施設「奄美海洋展示館」の学芸員にカツオノカンムリについて取材した。

  • カツオノカンムリに要注意(画像は奄美海洋展示館の提供)
    カツオノカンムリに要注意(画像は奄美海洋展示館の提供)
  • カツオノカンムリに要注意(画像は奄美海洋展示館の提供)

夏だけでなく通年活動

   カツオノカンムリは、黒潮海域に生息するクラゲの一種。主に太平洋沿岸や日本海沿岸で見られることがある。学芸員は、こう説明する。

「クラゲは基本的に軟体で、骨格のようなものを持たないのですが、カツオノカンムリはプラスチックのようなペラペラの部分があり、そこに気泡をためて浮くことができます」
カツオノカンムリ(奄美海洋展示館の提供)
カツオノカンムリ(奄美海洋展示館の提供)

   カツオノカンムリは多数の個体が集まった状態で、海の表面を漂う。透明な三角形の帆をもち、風を受けながら移動する。学芸員は「群体性のため、一度に大量に打ち上げられる特徴があります」と話した。通常浅瀬にはいないが、黒潮の影響で海が荒れたり波がぶつかり合ったりすると、打ち上げられるという。

黒く写っているのがすべてカツオノカンムリ(奄美海洋展示館の提供)
黒く写っているのがすべてカツオノカンムリ(奄美海洋展示館の提供)

   クラゲといえば一般的には夏によく見られるイメージがあるが、カツオノカンムリは通年活動している。そのため、今回のように3月に見られることが珍しいわけではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!