2021年 6月 13日 (日)

「恋人親子」復活 山田詠美さんはその不気味さに日本の退行を思う

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ジンジャー4月号の「フォー・ユニーク・ガールズ」で、山田詠美さんがテレビ広告に登場する「恋人のような父と娘」に疑問を呈している。

   山田エッセイは、少し前に見たという車のCMから始まる。

「優しそうで、なおかつタフな感じで、しかも見映えの良い父親と娘がドライヴを楽しんでいる。その娘も、しゅっとした美少女。二人は行き着いた先で車を降り、絶景スポットをながめる」 父親のモノローグ〈おれには格好付けたい相手がいる〉に続いて、親子の会話〈パパより格好良い人と結婚出来るかな?〉〈楽しみだな〉

   そこでナレーションが〈親子デートしよう〉

   「...えーっと、こういう場面に出食わしたら、どうリアクションすれば良いんでしょう。いや、笑いをこらえて、むずむずしているのは私だけで、皆、素敵な親子だわ~~と思うのだろうか」...山田さんはこの映像を見て、ものすごい既視感に襲われたそうだ。

「世の中が色々な意味で退行しているんじゃないかと私は心配になるの。だって、バブル時代にも似たようなCMがあったんだよ」
  • 子離れの準備が必要なときがくる
    子離れの準備が必要なときがくる
  • 子離れの準備が必要なときがくる

バブル期にも同じ発想

   それはクレジットカードの広告だった。いかにもビジネスで成功した風の青年がスカッシュで汗を流している。そこにこんなナレーションが被さるそうだ。

〈職業、エディター 恋人、娘 週末、活字を忘れる〉
「今の時代の男性編集者が見たら、殺意が芽生えるであろう能天気な優雅さである。でも、多くの人々が、こんなライフスタイルに憧れたんだよねー...その気になっちゃってた男性編集者もいっぱいいた。おれ、編集者なんて泥臭い職業と違うよ、エディターだもんね! と言わんばかりに肩で風切って歩いてた」

   筆者が問題視したのは、しかし編集者の描き方ではない。〈恋人、娘〉である。

「多くの男たちが理想形ととらえた、その父と娘の関係が気持悪くて仕方なかった。いつかは娘離れしてくれるんだよね? ね? ね? なんて危機感すら覚えていたら、いつのまにか『娘、恋人願望』は影を潜めた。...と、思っていたら冒頭の車のCMである」

   ただし、気持ち悪さは娘の年齢にもよるらしい。

「『おっきくなったらパパと結婚するのぉ』という幼児の娘に目を細める...なら解る。でも、成長してもそれって...そして、それを温かい目で見守る社会が戻って来た日本が、私にはつくづく不気味」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!