2021年 6月 15日 (火)

ロレックス求めて東京大移動 「それ、お高いんでしょ?」がレベチだった

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「約230万円です(にっこり)」

   ななし広報によると、ロレックスはもともと大量生産をしない。そこに、コロナ禍でスイス工場が生産停止していたことなどから、現在は正規店での入手が難しくなっているという。ただでさえ希少価値が高いうえ、さらにアジアでの需要が高まっている影響で相場は右肩上がり。つまり、新品はとても手に入れられず、中古品も価格が「どエラいこと」になっているのだ。

   定価からどのくらい跳ね上がっているのか。百聞は一見にしかず(何より、GMTマスターIIを見ずに終われない)。J子は東京・中野区、「中野サンモール商店街」の奥へと向かった。複合ビル「中野ブロードウェイ」内には時計店密集エリアがあり、なんとそこは「時計の聖地」と呼ばれる場所なのだ。きっと「GMTマスターII」もあるはず!

   その一角にある、機械式時計専門店「タイムゾーン 中野ブロードウェイ」が取材に応じてくれた。

   四方八方を高級時計に取り囲まれて、ドッキドキ! おっと、右側の壁一面を埋め尽くすのは...!?

鎮座する「ロレックス」の数々
鎮座する「ロレックス」の数々

   わお、ロレックスがずらり! 「GMTマスターII」に出会える予感がふつふつと...。ああ、早く現物を見たい! 挨拶もそこそこに、店長の赤井さんに詰め寄る。

J子「すみません!『GMTマスターII 』お願いします!!!!」
赤井さん「はーい」

   私のリクエストを受けて、店の奥へと消えていく赤井さん。えっ、あるんですか! 頼んでおいてアレですけど、あっさりすぎてちょっとビックリ。

赤井さん「お待たせしました」
赤井さん「お待たせしました」

   うほ~! 深緑色の箱からしてもう高級感たっぷり。

J子「もうちょっと近くで見ても大丈夫ですか」
赤井さん「(極上スマイルで頷く)」
「GMTマスターII 126710BLRO」
「GMTマスターII 126710BLRO」

   「GMTマスターII」を求めて三千里。いや、三千歩。足の痛みと疲れが、一挙に報われた気がした...。感動のあまり虚空を仰いだが、ふと我に返る。でもこれ、お高いんでしょう?

J子「すごい重厚で、高級感ありますね~。新品ではないなんて」
赤井さん「新品同様の品(新古品)です。定価だと102万800円ですね」
J子「(ひゃく...に、まん...)あの、つかぬことをお伺いしますが、お店での販売価格は...?」
赤井さん「参考値ですが、約230万円です(にっこり)」
つかぬ事をお伺いしたあとのお気持ち
つかぬ事をお伺いしたあとのお気持ち
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!