2021年 5月 12日 (水)

歪(いびつ)の美 神崎恵さんは同じ顔の氾濫が「不思議で不気味」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   with 5月号の「もう、メイク落としていいですか?」で、美容家の神崎恵さんが個性的な顔立ちの魅力について書いている。

「みんな同じ顔に見えるのは、わたしがおばさんだから?」

   20代のアシスタントに筆者が放った問いから、本作は始まる。インスタグラムを眺めていた神崎さん、あまりに「同じ顔の超美人さんたち」ばかりなのに驚いたというのだ。

「その光景が不思議で不気味で、自分の目や感覚がおかしいのかと...」

   アシスタント氏は「みんな同じ加工なんですよ」と答えた。

「だよね...でもさ、同じ顔でもいいの?...シャープなフェイスライン、小さくとがった顎、顔の大部分を占めるほどの大きな目に、高くとおった鼻筋に小さな小鼻。極め付きの陶器肌...『魅力的だなぁ』というよりは『上手だねぇぇぇ』が上回る」

   神崎さんによると、化粧品の進化や美容クリニックにより、誰もが簡単に顔を整えられる時代らしい。勢い、目鼻口の大きさや配置も画一的になりがちだ。

「だからこそ?整えられすぎていないものに年々心が動くようになりました」
  • メイクでも「整えられた美しさ」はあるけれど
    メイクでも「整えられた美しさ」はあるけれど
  • メイクでも「整えられた美しさ」はあるけれど

移ろう基準

   整えられていないものとは、例えば、ちょっと目が離れていたり、唇が大きかったり...そういう造作に、神崎さんは「かわいいなぁ」「キレイだなぁ」と見惚れるという。ファッションでもメイクでも、整えられた美しさというものは確かにある。しかし「性格だって、いい子すぎるより、ちょっと毒があったり、ちょっと『変』なほうが好きになる」と。

「あえてのノーマスカラやノーライン、そばかすが点在するくらいの肌に、センスや生の美しさをじわじわ感じる」

   神崎さんはジュエリーの製作も手がけるが、真珠なら粒ぞろいのまん丸より、予想もつかない凹凸や曲線のほうに惹かれるらしい。同じ感覚で、天然石のキズや色の濃淡、その石だけの味わい...そんな未整備の歪さに魅了されるそうだ。

「美しさの基準は時代時代で変化するもの。昔昔はふくよかな体が美しさの象徴だったり、ある国では青白い肌こそ美しさで、そのために血を抜いて顔色を青くしていたという話もあるほど。移り変わる美しさの基準...今そこにないものが美しさの要素になるのかもね」

   神崎さんのイチオシはいま「長い首」だという。

「顔もそう。だれもが同じ顔になれちゃう今、そのひとだけがもつ形や色をだせたほうが『美しいひと』になるよね...整えられたものよりも自分だけの凹凸。そのひとだけがもつ愛おしい歪さに美しさを感じています」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!