2021年 5月 9日 (日)

「マクラーレン」新ハイブリッドスーパーカー日本初披露 EVの次世代担う「アルトゥーラ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   マクラーレン・オートモーティブは、2021年4月13日に「東京ポートシティ竹芝」で、量産型ハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」を、メディア向けに日本初披露した。

   イベントでは正本嘉宏代表による「アルトゥーラ」のプレゼンテーションほか、ニュースキャスターの安藤優子さんがMCを務め、正本代表と、プロ陸上・走り幅跳びのパラアスリートである山本篤選手らによるトークセッションが行われた。

  • 量産型ハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」
    量産型ハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」
  • 「戦闘機のコックピット」をモチーフにしている
    「戦闘機のコックピット」をモチーフにしている
  • 正本嘉宏代表による「アルトゥーラ」のプレゼンテーション
    正本嘉宏代表による「アルトゥーラ」のプレゼンテーション
  • 山本篤選手
    山本篤選手
  • MCの安藤優子さんが故アイルトン・セナに取材したエピソードを明かす一幕も
    MCの安藤優子さんが故アイルトン・セナに取材したエピソードを明かす一幕も
  • (左から)安藤さん、正本代表、山本選手
    (左から)安藤さん、正本代表、山本選手
  • 正面から見たアルトゥーラ
    正面から見たアルトゥーラ
  • 量産型ハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」
  • 「戦闘機のコックピット」をモチーフにしている
  • 正本嘉宏代表による「アルトゥーラ」のプレゼンテーション
  • 山本篤選手
  • MCの安藤優子さんが故アイルトン・セナに取材したエピソードを明かす一幕も
  • (左から)安藤さん、正本代表、山本選手
  • 正面から見たアルトゥーラ

電気のみ、CO2排出量ゼロで30キロ走行

   正本代表によると「アルトゥーラ」は、「3つのポリシー」で構成されている。(1) Purity(純粋性)、(2)Technical sculpture(技術的造形)、(3) Functional beauty(機能美)、だ。シンプルで美しく、かつ「意味のある」デザインが随所に凝らされている。

   例えば、サイドボディに走る特徴的なライン。これは、フロントのホイールアーチ内で発生する乱気流を効果的に排除し、ボディ後方に誘導する役割がある。

フロントのホイールアーチ内で発生する乱気流を効果的に排除し、ボディ後方に誘導するライン
フロントのホイールアーチ内で発生する乱気流を効果的に排除し、ボディ後方に誘導するライン

   車内のインテリアへのこだわりも徹底。正本代表は「戦闘機のコックピットをモチーフにしている」と言い、安心かつ快適に、運転に集中し続けられる環境を作り出したと話す。

   最も注目すべきは「電動化」だ。環境変化が急速に進む自動車産業において、電気自動車(EV)の新時代を切り開く存在になることを目指したという。「電気のみ、CO2排出量ゼロ、ノイズレス」で30キロ走行可能で、ほとんどの市街地移動をカバーできるのが魅力だ。価格は2965万円から。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!