2021年 5月 7日 (金)

「ロダンのココロ」内田かずひろさん 一時はホームレス生活、友人らが救いの手

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「ロダンのココロ」シリーズで知られるマンガ家の内田かずひろさん(56)が最近、仕事が減って困窮しているという話が報じられている。一時はホームレス生活に陥っていたというから尋常ではない。友人らが救いの手を差し伸べている。

  • 『ロダンのココロ』(朝日文庫)
    『ロダンのココロ』(朝日文庫)
  • 『ロダンのココロ』(朝日文庫)

公園で寝袋に潜り込む

   内田さんは1990年に『シロと歩けば』でデビュー。90年代後半には朝日新聞で犬のロダンを主人公にしたほのぼの漫画「ロダンのココロ」を連載して人気を博し、『ロダンのココロ』(1~5)を朝日新聞出版から刊行。ほかにも、何冊もの単行本や絵本作品、イラスト作品などがある。根強いファンを持つ漫画家の一人だ。

   ところが、そんな内田さんの窮状を伝えたのが2021年2月20日の東京新聞。 ここ数年は仕事が減り、昨年末、住んでいた都内のアパートが取り壊しになることで退去を求められた。その後は知人を頼って寝泊まり。アパートを新たに借りる資金もない。生活保護を受けようと地元の福祉事務所に相談したところ、当面は漫画を描かず日雇い労働で生活基盤を整えることを勧められたというのだ。

   知人宅にもいられなくなった内田さんは、寝袋に潜り込み、いてつく公園で眠れぬ夜を過ごしたこともあったという。

   仕事でつながりがある歌人・作家の枡野浩一さん(52)から「ホームレスになったことを公表したらどうか」と勧められ、2月にインターネットの作品投稿サイト「note(ノート)」に「とうとうホームレスになってしまった」と題して一連の経緯を発表したところ、大きな反響があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!