2021年 12月 6日 (月)

3度目の緊急事態宣言 「性風俗」「35万人の女性」の苦闘

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   コロナ禍でダメージを受けている「夜の街」。その中でも深刻なのが、デリヘル、ソープなど性風俗関連業だという。持続化給付金や家賃支援給付金など公的支援の対象から外されたことで訴訟も起きている。3度目の緊急事態宣言で、さらなる苦境が続く。

  • 東京・歌舞伎町
    東京・歌舞伎町
  • 東京・歌舞伎町

「誰もが性風俗の当事者」になりうる

   2021年4月6日に刊行された『性風俗サバイバル ――夜の世界の緊急事態』 (ちくま新書)は、この1年あまり、コロナ禍で苦しむ性風俗業界の実情を内側から報告している。

   「35万人の女性に何が起きたのか」という問題意識で、危機に直面した性風俗業界の女性たちが、世間からは煙たがられ、公的援助も頼れない中、いかにしのぎ切ったのかを伝える渾身のドキュメントだ。


   著者の坂爪真吾さんは1981年生まれ。東京大学文学部卒。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。新しい「性の公共」を作る、という理念の下、風俗店で働く女性の無料生活・法律相談事業「風テラス」などを通し、社会的なアプローチで現代の性問題の解決に取り組んでいる。

   著書に『性風俗のいびつな現場』、『「身体を売る」彼女たちの事情』、『「許せない」がやめられない』などがある。

   坂爪さんはもう15年ほど、風俗の現場で働く女性と毎日のようにメールやLINEでやり取りし、毎月のように各地のデリヘル事務所や待機部屋、託児所に出入りしている。本書の。第6章では「誰もが性風俗の当事者」になりうると指摘する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!