2021年 5月 9日 (日)

緊急事態宣言も出社で「ランチ難民」続出 飲食店休業で食べる場所がない

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   3度目の緊急事態宣言により、東京都内のオフィス街では休業する飲食店が見られる。出社した人は昼食を食べる場所がなく、困っているようだ。

   ツイッターには「ランチ難民」との言葉を用いて、昼食場所が見つからないとの嘆きが投稿されている。

  • 飲食店休業で、どこでランチ食べよう(画像はイメージ)
    飲食店休業で、どこでランチ食べよう(画像はイメージ)
  • 飲食店休業で、どこでランチ食べよう(画像はイメージ)

職場近くはどこも混雑

   ランチ難民について取り上げたのは、2021年4月27日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)。オフィスビル内の飲食店が営業しておらず、店探しに一駅分歩く会社員の姿が紹介された。さらに、営業している一部の店に客が集中。番組内で取材に答えた飲食店の店主は、昼時にほぼ満席状態が続いたと話していた。

   緊急事態宣言が出ていても、出社を免れない社会人は大勢いる。J-CASTトレンドは、東京都内の会社に勤務する男女3人に現在のランチ事情を聞いた。

   まず、20代女性。昼食時によく利用していた、飲食店が入っている商業施設が全面臨時休業になり、ランチの場所で悩むように。外でのランチタイムが、忙しい業務の合間の楽しみだったが、選択肢が狭まったと肩を落とす。

「忙しい時はコンビニやテイクアウトで済ませますが、時間があればデスクから離れて外で食べたい。職場近くのファミレスやチェーン店は営業していますが、どこも混雑していてゆっくりできる雰囲気ではないですね」

   おのずと社内で食べる回数が増えている、と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!