2021年 5月 12日 (水)

iPhone「マスク姿で顔認証」可能に でも、それより「指紋認証復活して」の声

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スマートフォン「iPhone」の顔認証機能「Face ID」で、マスクを着けたまま端末のロックを解除できるようになった。腕時計型端末の「Apple Watch」が必要で、2021年4月27日のアップデートから対応している。これまではマスク着用時、正常に反応しなかった。

   ところで、旧機種「iPhone 8」や廉価版の「iPhone SE」には、指紋認証機能「Touch ID」が搭載されている。こちらは当然、マスクの有無に関係なくロックを解除できる。だが最新版「iPhone 12」シリーズにこの指紋認証機能はなく、再び搭載してほしいと嘆く人もいるようだ。

  • マスクをしていては基本的に顔認証ができない(写真はイメージ)
    マスクをしていては基本的に顔認証ができない(写真はイメージ)
  • マスクをしていては基本的に顔認証ができない(写真はイメージ)

コロナ禍のFace ID「めんどくさい」

   iPhoneのTouch IDは、2013年の「iPhone 5s」以降、17年9月発売の「iPhone 8」までと、20年に発売されたiPhone SEでも採用されている。

   一方で、17年11月発売の「iPhone X」以降、主力モデルの認証システムはFace IDに変更され、最新機種の「iPhone 12」も同様だ。これらはTouch IDが使用できない。

   iPhoneを約8年使い続け、現在「iPhone XR」を所有している男性は、J-CASTトレンドの取材に対し、Face IDについて「めんどくさいなと常日頃思っています」と語った。新型コロナウイルスの拡大によりマスクを着用するようになったが、Face IDを使用するには電車の中などでもマスクを外さなければならないからだ。

   「今後も世界的にマスクの着用が求められるのなら、指紋認証機能を復活してほしい」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!