2021年 10月 26日 (火)

3度目の緊急事態宣言 「若者は...」の声に大学生がぶつけた本音(後編)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

◆「前編」はこちらをクリックしてお読みいただけます。

   J-CASTトレンドは、東京都内にある大学に在籍する2年生のKさん、3年生のSさん、4年生のHさんに取材。前回は、友人との交流もままならない若者の率直な気持ちをたずねた。

   今回は3人に、オンライン授業が浸透した中でのキャンパスライフについて聞いた。コロナ禍の学生ならではの苦労が見えてきた。

  • オンライン授業が当たり前になった中、学生は(写真はイメージです)
    オンライン授業が当たり前になった中、学生は(写真はイメージです)
  • オンライン授業が当たり前になった中、学生は(写真はイメージです)

「7月までは本当に友達はゼロでした」

   3人が通う大学の授業は原則として、2020年度ではビデオ会議ツールなどを活用したオンライン方式で行われた。

   Hさんによると、一部には対面での授業が許されるケースもあった。年間を通して少人数で1つのテーマについて学ぶゼミナールがそれにあたる。それでも、対面授業ができる回数は制限されていた。Hさんの場合、通年全30回のゼミのうち、教授やゼミ生と顔を合わせたのは6回のみだった。

   授業はオンライン、飲み会やサークル活動は自粛を求められていた。Sさんは、他の学生に全く会えず、友人と疎遠になることも多かったと語る。ただ、「今の3年生や4年生は、1年生の頃には通常のキャンパスライフを送れていたので、(コロナ禍前に)人間関係はできていました」。

   一方、2020年4月に入学したKさんは、

「7月までは本当に友達はゼロでした」

と語る。最初から授業はオンラインで、サークルの新入生勧誘活動も経験していない。新たな友人や先輩と知り合えず、教授や職員と直接話せなかった。授業の履修科目の登録方法、レポートの書き方と、学生生活に求められる知識の習得にも苦労したという。

   8月ごろにインターネットで新入生を募集していたサークルに入り、ようやく友人を作るに至った。

   友人ができない上、大学に行くこともほとんどなく、履修登録やレポートの書き方を誰かに相談できる環境もなかった。「今思えば、大学側も新入生にもう少し手厚いサポートができたはずですし、そこが不足していたと思います」とKさんは指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!