2021年 6月 13日 (日)

コロナのせいで結婚するカップル減った 2月の婚姻数は前年同月比4割減

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルス拡大の影響で、婚姻数が急速に減っていることがわかった。2021年2月は前年同月に比べて約4割減。婚姻数は年によって月ごとの変動が激しいので即断できないが、この傾向が続くと、将来的には出生率のさらなる低下につながることになる。

  • 年明けからコロナが拡大、緊急事態宣言も出され、2月段階で結婚を見合わせた人が少なくなかったようだ
    年明けからコロナが拡大、緊急事態宣言も出され、2月段階で結婚を見合わせた人が少なくなかったようだ
  • 年明けからコロナが拡大、緊急事態宣言も出され、2月段階で結婚を見合わせた人が少なくなかったようだ

昨年よりも激しい減り方

   政府の人口動態の速報値(4月20日発表)によると、今年2月の婚姻数は4万4800件。前年同月の7万4147件から2万9347件も一気に減った。減少率は39.6%と、ざっと4割減になっている。

   昨年2月はまだコロナ禍が深刻化しておらず、結婚自体はそれ以前から計画されていたケースが多かった。ところが、今年は年明けからコロナが拡大、緊急事態宣言も出されるなど予断を許さない状況となり、2月段階での結婚を見合わせた人が少なくなかったと思われる。

   コロナの影響と思われる婚姻数の減少は、すでに昨年途中から顕在化。年間の件数は、53万7583件。前年から7万8069 件、12.7%も減少していた。

   今年1月は久しぶりに微増していたが、2月の落ち込みぶりはきわめて激しい。大幅に減少したのは、たまたま前年2月の婚姻数が多かったことにもよるが、かなり衝撃の数字だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!