2022年 7月 5日 (火)

看護師たちは「コロナ」にどう対応したか 162人の渾身の現場報告まとまる

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

野戦病院のような感染症病棟

   特に目を引くのは、「海外で活躍する看護職」の部分だ。以下のような報告が並んでいる。

・看護チームで嗅覚・味覚異常の定量試験などを実施
・"We must be strong !"と自分たちに言い聞かせる医師
・インドとミャンマーにおけるCOVID-19 拡大の状況と対応
・活躍するブラジルの看護師
・「悪夢よ、覚めてくれ」と日々祈るしかできない医療者-ボリビアにおける感染症の現状と対応
・地球の反対側にいる仲間といつかまた抱擁を─パラグアイでの活動を振り返る
・父上・母上様、野戦病院のような感染症病棟で働くことになりました。

   日本看護協会出版部刊なので、全体として専門的な知見に基づく体験記が中心になっている。しかし、「私の『コロナ日記』」では、医療従事者としての使命感、未知のウイルスへの恐怖心、差別・偏見に対する怒りや悲しみ、大切な人への思いなど、看護職であり生活者でもある看護師たちの体験も報告されている。

   現在も各種医療機関や関連施設で奮闘する看護師ら医療関係者だけでなく、これから看護師を目指す人、取材するメディア側にとっても、大いに参考になる内容だ。価格は2860円(税込み)。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!