2021年 6月 17日 (木)

「ワクチンもない」「このままじゃ、政治に殺される」 宝島社「コロナ」怒りの広告

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   メッセージ性の強い新聞広告を出すことで知られる宝島社が2021年5月11日、朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞に「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戰えというのか。このままじゃ、政治に殺される。」という見開き2ページの全面広告を掲載、話題になっている。

  • 「市民の努力にも限界があります」と宝島社
    「市民の努力にも限界があります」と宝島社
  • 「市民の努力にも限界があります」と宝島社

竹槍訓練の写真

   太平洋戦争末期、幼い女子まで竹槍訓練を強いられた写真を背景に、中央には赤く丸い新型コロナウイルスをデザインしている。「ワクチンもない...」というメインのコピーに続いて、「私たちは騙されている。この一年は、いったい何だったのか。」「今こそ、怒りの声をあげるべきだ。」などと、コロナ禍の国民の憤りを代弁している。

   掲載意図について同社は、「新型コロナウイルスの蔓延からすでに1年以上が経過し、市民の努力にも限界があります。科学的な根拠・対策も明確に示されず、度重なる自粛要請を強いられるばかりの事態に警鐘を鳴らす必要を感じ、今回、企業広告を掲載しました」と説明している。

   この刺激的な広告はさっそくインターネットで反響を呼び、大手メディアでも共同通信、日刊スポーツなどが紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!