2021年 6月 24日 (木)

「ワクチン製造国は世界と共有すべき」 欧州委員長は医師で「スーパーママ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスのワクチン争奪戦が激しくなっている。先進国と途上国だけでなく、先進国内部でも亀裂が生じている。英米とEU(欧州連合)の対立報道で、よく見かけるのが、「ウルズラ・フォンデアライエン」という風変わりな名前だ。EUの政策執行機関、欧州委員会委員長。女性初の欧州委員長だという。どんな人なのか。

  • ウルズラ・フォンデアライエン氏(駐日欧州連合の公式ウェブマガジンより)
    ウルズラ・フォンデアライエン氏(駐日欧州連合の公式ウェブマガジンより)
  • ウルズラ・フォンデアライエン氏(駐日欧州連合の公式ウェブマガジンより)

EUは「世界の薬局」

   名前を聞いただけではピンとこない人が多いかもしれない。最近、テレビの欧州関係のニュース映像で時折登場する、やや小柄で品のよさそうな女性だ。

   2020年末のフォーブス「世界で最も影響力のある女性」ランキングによると、メルケル独首相、クリスティーヌ・ラガルドECB総裁、カマラ・ハリス(次期米副大統領=当時)に次いで4位に入っている。日本での知名度はまだ高くないが、世界的には有名人だ。

   各種報道によると、フランスのマクロン大統領は2021年5月7日、「アングロサクソンが多くのワクチンや原料を封じ込めている」と英米を批判した。読売新聞によると、欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン委員長も8日、「自国内で多くのワクチンを製造する国々はワクチンを世界と共有すべきだ」と述べたという。

   朝日新聞も10日、この騒動を伝えた。EUは接種ペースで米英に遅れても、圏内で生産されたワクチンの半分を輸出、「我々は世界の薬局」(フォンデアライエン欧州委員長)だという同氏の発言を報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!