2021年 6月 19日 (土)

ワクチン接種「予約争奪戦」有休取って高齢の親のために 「代行詐欺」も暗躍

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   各地で始まっている新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種予約。2021年5月17日からは、政府が東京と大阪に設置する大規模会場分の予約受付がスタートした。

   複数の報道によると、大阪では予約可能だった1週間分、2万5000件が25分ほどで受け付け終了。東京では開始から45分間で2万件超の予約が入るなど、まるでアイドルのライブチケットのような争奪戦が繰り広げられている。一方、インターネット上での予約が高齢者にとってはネックとなり、子どもが代わりに行うケースが多いようだ。

  • 「ワクチン接種」親の代わりに子が奮闘(画像はイメージ)
    「ワクチン接種」親の代わりに子が奮闘(画像はイメージ)
  • 「ワクチン接種」親の代わりに子が奮闘(画像はイメージ)

ヒャダイン「予約という行為に必死」

   音楽プロデューサーのヒャダインこと前山田健一さんは、21年5月17日に自身のツイッターアカウントに「両親のワクチン接種予約が取れました。かなりホッとしています」と書き込んだ。どうやら代行予約をしたようだ。

「久しぶりに予約という行為に必死になりました」

と振り返っている。

   ツイッターを見ると、朝からパソコン前で待機し、親のために家族総出で申し込みにトライする投稿者が続出している。予約を取るためにわざわざ有休を取得して臨む人も、複数見られた。

   17日に始まった大規模会場での接種は、ネット予約のみだ。同日の「TBS NEWS」は、申込方法が分からず、直接接種会場に尋ねに来た高齢者がいたと報じている。また、自宅にネット環境がなく「直接予約を取りに来た」人も。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!