2021年 12月 9日 (木)

コロナ第4波、小学校でもクラスター 自治体によって「公表」にばらつき

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルス第4波では子どもたちの感染が増え、小学校や保育所でもクラスターが発生するケースが目立っている。しかしながら、その公表基準にはばらつきがあり、自治体による「公表格差」が際立っている

  • 小学校や保育所でもクラスターが発生するケースが(写真と本文は関係ありません)
    小学校や保育所でもクラスターが発生するケースが(写真と本文は関係ありません)
  • 小学校や保育所でもクラスターが発生するケースが(写真と本文は関係ありません)

学校名も報道

   札幌市では2021年5月20日、394人の感染者が出た。クラスターは4件。その一つは小学校で9人が感染した。この学校を含めて小学校3校、中学校5校で感染者が出て学級閉鎖などになった。札幌の新聞やテレビでは、公的情報をもとに、これらの小中学校の名前も報じている。

   しかしながら、こうした札幌市のようなケースは全国的にみると少数派のようだ。東京23区内の自治体のウェブサイトを見ても、実態がわかりにくい区が多い。

   例えば新宿区。「令和3年5月 公表情報」というページを見ると、日々の感染情報を知ることが出来る。「公表日」「施設名等」「感染者」「居住地」「感染判明日」「濃厚接触者」「対応」の順で以下のように記されている。小中学校についてはこんな感じだ。

○5月17日、区立小学校、児童、区内、5月15日、無、消毒実施済
○5月17日、区立中学校、生徒、区内、5月15日、無、消毒実施済

   順に見ていくと、この日だけで、小学校2校、中学校1校、保育施設一か所で感染者が出ていことがわかる。保育施設では、接触した可能性のある児童及び職員にPCR検査を実施したことが記載されている。10日には、保育施設で7人の児童が感染、園児の受け入れ態勢が整うまで休園したことも出ている。この施設でクラスターが発生したようだと推測できるが、それ以上のことはわからない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!