2021年 6月 23日 (水)

国産食材の現場、特に組織の働きを丹念に取材した労作

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

■『食材礼讃』(著 田口さつき・古江晋也 全国共同出版)

   著者は、農業協同組合、漁業協同組合と関係の深い農林中金総研の研究員。大手メディアでは取り上げられることの少ない国産食材の現場、特に組織の働きを丹念に取材して書き下ろした労作だ。大地の恵み8件、大海の恵み11件を題材に、安価な輸入品、大手流通網の値下げ要請、伝統的な野菜果物に対する一代交配種(F1種子)の普及など厳しい環境に創意工夫で挑む生産者と関係する組織の物語である。

伝統の価値と品質の価値

   各藩が参勤交代時に名産野菜を持ち込んだ江戸・東京地域は、伝統野菜の宝庫だ。農地が宅地に転換する中、JA東京中央会は委員会を設け、50品目を江戸東京野菜に指定し、千住ねぎ、亀戸大根などの普及に取り組んでいる。京漬物の素材で有名な日野菜は、生産者が8人にまで減少したが、地元滋賀県日野町の商工会が事務局となって販路拡大と商品開発に取り組み、生産者は60人に増加した。栽培法の研究、耕運、播種、肥料散布を生産者同士で助け合うことで、一人一人の生産面積はわずかでも産地として持続できる体制を作り上げ、10ヘクタール、100トンが目標となった。

   酪農の世界は、輸入品や大規模生産地との競争が厳しい。全国各地に小規模な産地があり、その一つが東京都だ。1999年に都内の生乳生産組織が一元化されたのを機に品質基準を一元化して「東京牛乳」をブランドにした。世界酪農サミットでは第一位に選ばれ、生産者の自信とスーパーでの販路拡大につながった。生乳の品質にこだわる青年部には15人が所属し、組織の将来は明るい。鳥取県には農家が出資して牛乳の一貫生産体制を築いた大山白バラ牛乳がある。「原料に勝る製品はない」との理念から乳牛を一頭ごとに検体する牛群検定という仕組みを導入して高い品質を守る。飼料、経営管理、設備等に関しては、組織内に専門人材を抱えて生産酪農家を助けている。組合運営として理想的な姿だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!