2021年 11月 29日 (月)

「シャープマスク」生産は今も続く 「高価格」報道に公式ツイッターはこう答えた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「シャープマスク」は、新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄だった2020年春、国産マスクの「救世主」として抽選販売をスタートした

   あれから1年以上経った今も、品質を担保しながら生産を続けている。抽選は55回目まで重ねてきた。当選しやすくなったという声もある一方、最近では、変わらずマスク販売を続ける姿勢を支持する声も強まっている。

  • シャープの公式ツイッターは、マスク応募の解除方法を案内した
    シャープの公式ツイッターは、マスク応募の解除方法を案内した
  • シャープの公式ツイッターは、マスク応募の解除方法を案内した

安易に安くできない事情

「私も高いとは思いますが、メーカーには安易に安くできない事情と自負があることも知っています」

   シャープの公式ツイッターアカウントが、2021年5月31日こう投稿した。シャープマスクの価格の話だ。スポーツ報知(電子版)が同日配信したシャープマスクに関する記事を紹介しつつ、メーカー側の気持ちを吐露した。

   シャープマスクには普通サイズと小さめサイズがあり、通常価格は1箱50枚入りで3278円(税込)。1枚約66円の計算だ。シャープの広報担当は、スポーツ報知の取材に対し「一からマスクを作り始めたこと、国産であること、素材としても(価格は)適正だと考えています」と答えている。

   今でこそ薬局やコンビニエンスストアでは、不織布マスクが安く手に入る。ただ、シャープはマスク不足だった頃から品質にこだわり続け、販売を続けてきた。最近ではツイッターに、マスクが品薄だった頃すぐ生産を始めてくれて感謝している、長時間着用していても耳が痛くならず重宝している、これからも頑張ってほしい、と応援する書き込みも目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!