2023年 2月 5日 (日)

新型コロナワクチン保管ミスの陰で 「何もかもが初めて」悩み深い管理の現場

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

万一の停電も想定

   今回廃棄の事態となったことを受けて、ワクチン管理についてはすでに防止策を講じた。まず、電源プラグが抜けない措置を徹底するため、配線の位置を変更。プラグを引っ張っても抜けず、ロックがかかるものに順次変更している。万一の停電に備えて、蓄電池の設置も検討しているという。

   神戸市健康局の担当者は、「接種を早く進めなければいけない一方で、安全に、ミスなく行う運用準備も必要。常に両方が存在している状況です。その中で日々、決められた数の予約者が会場にきますので、そこでしっかり対応もしなければなりません」と話す。接種会場で、その裏側にある管理の場で、連日緊張が続く。

   全てをスムーズにこなすには、人員の確保や、市職員が経験を重ねて作業スピードをアップさせるといった点が必要になるかもしれない。担当者は最後に、「今まさに、ベストな方法を考えている段階」と話した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!