2021年 6月 13日 (日)

五輪ボランティアのワクチン足りない? 海外要人経費43億円の使い道は?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京五輪開幕まであと50日ほどになった。選手団の第一陣が来日するなど、諸準備が進んでいるように見える。しかしながら観客を入れるのか、入れないのか、陰性証明をどうするのか、ボランティアにワクチンは行き渡るのかなど、いまだにはっきりしないことが多い。現状の問題点やチェックポイントを振り返ってみると――。

  • 選手、ボランティア、VIP…ワクチンをめぐる「差」が
    選手、ボランティア、VIP…ワクチンをめぐる「差」が
  • 選手、ボランティア、VIP…ワクチンをめぐる「差」が

毎日PCR検査

   まず来日する選手団やマスコミ関係者のチェック。第一陣として2021年6月1日、ソフトボール女子豪州選手団29人が成田空港に到着した。

   朝日新聞によると、空港検疫では一般客と同様、2列に並んだパイプいすに座り、健康状態などを確認する書類の配布を受けた。抗原検査のため唾液(だえき)を採取して提出。内閣官房によると、全員の陰性が確認された。

   選手団は全員新型コロナワクチンを接種しており、豪州を出国前にPCR検査を2回受け、陰性証明を持っている。事前合宿中も毎日、PCR検査を受けるという。

   ホストタウンの群馬県太田市によると、選手らは大会直前の7月17日まで約1か月半、市内のホテルに滞在し、日本の実業団チームとの練習試合なども予定している。

   このように選手団の入国と行動はかなり規制されている。だが、自由に動き回らなければならないマスコミ関係者などについて、厳しい行動規制が可能か、などが心配されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!