2021年 6月 14日 (月)

ポケモンの虫かご第二弾「マスターボール」 子どもも虫が好きになりそう

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ゲーム「ポケットモンスター」シリーズには、「モンスターボール」という道具が存在する。「ポケモン」を捕獲、収納できるボールだ。このボールを再現した虫かごが、実在する。名前は「モンスターボール 虫かご」で、2019年6月に販売を開始した。

   その第二弾として2021年6月4日、「マスターボール 虫かご」が登場。メーカーに開発の経緯を聞いた。

  • 「ポケモン」をテーマにした「マスターボール 虫かご」
    「ポケモン」をテーマにした「マスターボール 虫かご」
  • 右は2019年に発売された「モンスターボール 虫かご」
    右は2019年に発売された「モンスターボール 虫かご」
  • 「ポケモン」をテーマにした「マスターボール 虫かご」
  • 右は2019年に発売された「モンスターボール 虫かご」

ポケモンの世界が現実に

   「モンスターボール 虫かご」は、ボールのデザインや、作中のように本体の上半分が開くギミックを再現しつつ、安定して置けるように底面を平らにするなど、虫かごとしての機能をしっかりと備えた製品だ。

   開発メーカーのキャステム(広島県福山市)を取材すると、商品開発担当は、第一弾の「モンスターボール 虫かご」は2年間での販売数がもうすぐ10万個に達すると答えた。現在一番ヒットしている商品とのことだ。

   ゲーム作中にも、虫をモデルにしたポケモンがいる。同社内で、ボールを模した虫かごで本物の虫を捕まれば「ポケモンの世界が現実になるよね」という会話が交わされ、それが「モンスターボール 虫かご」誕生のきっかけだと話した。

   購入者からは「ポケモンの世界が現実になった」という声や、虫を苦手としていた子どもが虫を好きになったという反響が寄せられているという。中にぬいぐるみを入れて飾ったり、お菓子を入れてプレゼントに用いたりと、想定していなかったユニークな使われ方もあるそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!