2021年 6月 25日 (金)

コロナワクチン陰の主役「ビオンテック」 ファイザーと共同開発、中国とも提携

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ファイザー社やモデルナ社による新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいる。日本では両製品とも、単に「米国製ワクチン」と思われているが、内情は複雑だ。

   ファイザーに関しては独ビオンテック社が深く関わり、トルコやハンガリーがルーツの「移民科学者」が重要な役割を果たしていることが次第に明らかになっている。そこには中国も絡むが、日本は蚊帳の外だ。

  • 新型コロナワクチンをめぐって世界各国が生産・配給・獲得にしのぎを削る
    新型コロナワクチンをめぐって世界各国が生産・配給・獲得にしのぎを削る
  • 新型コロナワクチンをめぐって世界各国が生産・配給・獲得にしのぎを削る

2週間で設計

   米ファイザー社のワクチンは、独ビオンテック社との共同開発ということになっている。実際に主導したのはビオンテック社のようだ。同社創業者のウール・シャヒン博士と妻のエズレム・テュレジ博士(共同設立者)はともにトルコ系ドイツ人。二人とも医師で最先端医療の研究者だ。

   すでに2020年12月19日の朝日新聞や、21年1月2日号の独Spiegel誌が二人のことを大きく取り上げている。同誌の内容を紹介した「さいたま記念病院」のウェブサイトによると、シャヒン博士はトルコ生まれ、4歳のときに母親と西ドイツに移住し、ケルン大学医学部を卒業した。テュレジ博士は西ドイツで生まれだが、父親はトルコ・イスタンブール出身の外科医。自身はザールラント大学医学部で学んでいる。

   シャヒン博士は2008年ビオンテック社を設立し、遺伝物質の1つ「メッセンジャーRNA」 (mRNA)などを用いたがんの免疫療法を研究していた。20年1月中旬、新型コロナのニュースを聞き、大流行を予想。新型コロナの遺伝子情報が中国から発表されると、直ちにmRNAワクチン作成のアイデアが浮かび、2週間後には20種類(一部情報では10種類)のワクチン候補薬をコンピューター上で設計したという。以後、ビオンテック社の研究者を総動員して実用化に成功した。

   ファイザー社は以前からビオンテック社と関係があったようだ。20年3月の段階でブーラCEO(最高経営責任者)が早々と、ビオンテック社に対し、新型コロナワクチンの世界供給を約束したという。

   テュレジ博士は、欧州がん免疫療法学会の理事長も務めているというから、夫妻は研究者としても広く知られた人のようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!