2021年 6月 23日 (水)

東京五輪「安全・安全」の根拠どこに 山口香さん今度はニューズウィークで持論

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   コロナ禍で東京五輪を開催することについて、元五輪メダリストでJOC(日本オリンピック委員会)委員でもある山口香さんが「ニューズウィーク」で、「今回の五輪は危険でアンフェア」と持論を語っている。201年6月8日、インターネットで内容が公開されている。

   山口さんは5月にも、共同通信の取材に「東京五輪に意義はない」と発言していた。

  • 東京五輪開幕まで、あと1か月半
    東京五輪開幕まで、あと1か月半
  • 東京五輪開幕まで、あと1か月半

「危険だけどやります」

   開幕まで50日を切り、「五輪はきっと開催されると思う」というのが現在の山口さんの見通しだ。インタビュアーは西村カリン(仏リベラシオン紙東京特派員)さん。

「でも開催にあたっては、『今回のオリンピッは安全じゃなくて、危険です』から入ったほうがいい」
「危険だからこういう点に気を付けてください、安全を確認しながら少しずつ進んで今回は乗り切りましょう、と」

   国民に不安や疑問があるのに、政府やJOCは「安心・安全」と言い続けるだけ。「安心・安全」の根拠はいっこうに示されない。山口さんは、もはや五輪を中止するという選択肢がほぼなくなっている以上、むしろ考え方を逆転させるべきだと提案する。「危険だけどやります。気を付けてください」というスタンスに切り替えるべきだ、と。

   五輪に参加する選手の80%がワクチンを接種してくるので大丈夫、とも言われている。だが、「(未接種者)20%というのは少なくない数字で、関係者や記者の接種率はさらに低くなると思う。となると、やはり危険はある」と見る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!