2021年 7月 31日 (土)

「ピカチュウ」のインタラクティブなロボット 声に反応して歌や踊り、「わざ」も披露

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タカラトミーグループのタカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は、アニメおよびゲーム「ポケットモンスター」のキャラクター「ピカチュウ」のインタラクティブなロボット「おはなししよ!ノリノリピカチュウ」を2021年6月17日に発売する。

  • 本物のピカチュウと遊んでいるようなサイズ感!?
    本物のピカチュウと遊んでいるようなサイズ感!?
  • 本物のピカチュウと遊んでいるようなサイズ感!?

プニプニ&生き生きとした動作

   話しかけると会話やダンス、歌などの様々なコミュニケーションを楽しめる。子供が両手で持った際に存在感が伝わる大きさだという高さ約24センチのロボット。

   左右および正面に3つのマイクを搭載。左右のマイクで音のする方向を認識し、正面のマイクはユーザーから話しかけられたキーワードを音声認識する。話しかけられた方向に振り向いたり、ユーザーの呼びかけに答える姿は、サイズ感と相まって、まるで本物のピカチュウと遊んでいるような感覚を楽しめる。

   胴体部分はやわらかなTPR(熱可塑性エラストマー)素材を使用し、ダンス時にはプニプニと動き、生き生きとした動作で反応する。

   「歌って」と話しかけると「ピカチュウのうた」を歌ってくれるほか、「ダンスして」と話しかければアニメ主題歌「1・2・3」などランダムで流れる全3曲のBGMに合わせて踊る。

   また、「キミにきめた!」や「ゲットだぜ!」など特定のキーワードに反応を返してくれるモードを実装する。「10まんボルト」や「でんこうせっか」と話しかければアニメで使用されている効果音とともに"わざ"を披露してくれる。


   さらに、腹部のスイッチを押すとピカチュウがリアクションする。ただし、くすぐりすぎると怒ってしまい「10まんボルト」を放つなど面白い反応も用意されている。「どっちむいてほい!」ゲームも楽しめる。

   価格は8800円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!