2021年 7月 28日 (水)

東京五輪の競技会場に被災地「シンボルツリー」を植樹 東日本大震災への復興祈念

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京都は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を通じて東日本大震災の復興を支援するため、様々な取り組みを行っている。2021年6月6日には、競技会場となる東京都の「有明アリーナ」に岩手県、宮城県、福島県、熊本県のシンボルツリーが植樹された

   同大会準備局次長の佐藤智秀氏と各県の東京事務所長が出席し、あいさつと植樹を行った。

  • 東京・有明アリーナで復興祈念植樹
    東京・有明アリーナで復興祈念植樹
  • 被災4県のシンボルツリーを植樹
    被災4県のシンボルツリーを植樹
  • 佐藤智秀・準備局次長と、松本雅昭・福島県東京事務所長(左から)
    佐藤智秀・準備局次長と、松本雅昭・福島県東京事務所長(左から)
  • 千葉章・宮城県東京事務所長(右)
    千葉章・宮城県東京事務所長(右)
  • 内田清之・熊本県東京事務所長
    内田清之・熊本県東京事務所長
  • 平井省三・岩手県東京事務所長
    平井省三・岩手県東京事務所長
  • 東京・有明アリーナで復興祈念植樹
  • 被災4県のシンボルツリーを植樹
  • 佐藤智秀・準備局次長と、松本雅昭・福島県東京事務所長(左から)
  • 千葉章・宮城県東京事務所長(右)
  • 内田清之・熊本県東京事務所長
  • 平井省三・岩手県東京事務所長

都民と被災地をつなぐシンボルに

   東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、大会の理念のひとつとして東日本大震災からの復興を後押しする取り組み「復興五輪」を掲げている。今回はその一環で、岩手、宮城、福島の3県と、2016年の熊本地震で被災した熊本県の被災4県が育成した樹木を1本ずつ植樹した。

   主催者挨拶として、まず小池百合子都知事の祝辞を佐藤氏が代読した。「会場となるここ有明アリーナは、(オリンピック)大会時にバレーボールや車いすバスケットボールの競技会場となります」と述べ、ここに植える樹木が将来に渡って都民と被災地をつなぐシンボルになってほしい、と話した。

   続いて、各県知事からの祝辞を東京事務所長がそれぞれ代読。岩手県東京事務所長の平井省三氏は、岩手の県木「アカマツ」は、木材としては年を経るごとにつやのある琥珀色に変化し、美しい光沢を放つ、と説明した。東京2020大会の選手村ビレッジプラザのメディアセンターの柱などにも使用されているという。「純和風高級材」として質、量ともに日本一を誇るそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!