2021年 8月 3日 (火)

おにぎり包むのは「ラップ・アルミホイル」論争 利便性、保存、持ち歩き...軍配は

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   手作りのおにぎりを持ち運ぶとき、ラップにくるむか、アルミホイルを使うか――。

   ツイッターを見ると、ラップ派とアルミホイル派は互角に見える。ところが、J-CASTトレンドが20代~60代の男女33人に聞いたところ、「ラップ派」が22人と大多数を占めた。それぞれの意見を聞いてみた。

  • おにぎり、ラップとアルミホイルどっちで包む?
    おにぎり、ラップとアルミホイルどっちで包む?
  • おにぎり、ラップとアルミホイルどっちで包む?

「ラップからのアルミホイル」二刀流

   まずはラップ派だが、使う理由はさまざまだ。「アルミホイルだと、食べるときに口をケガしそうだから」「おにぎりケースに入れるときに使いやすい」「握りやすくて形を整えられる」と、とくに利便性が高いとの意見が挙がった。ほかには「アルミホイルの方が高いから」と、価格で選ぶ人も。

   一方で、アルミホイル派は8人。「ラップだと、べたっとして嫌だ」「衛生的にアルミホイルの方が良い気がする」「小さい頃からずっとアルミホイルだったから」との主張があった。多かったのが「アルミホイルの方がおいしそうに見える」。3人が、こう答えた。

   両方使う人が3人いた。「ラップで包んだ後、形が崩れないようにアルミホイルで包む」「ラップで握ってから、上からアルミホイルをかぶせて補強して持ち運びます」という使い方だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!