2021年 8月 4日 (水)

電話で相手の名前が全然聞き取れない 「偉い人だったら」若手社会人を悩ませる

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   会社で電話を取った際、相手の名前が全然聞き取れない。そんなとき、あなたならどうする?

   相手が偉い人だったら、大切なお客様だったら、何度も聞き返せないし......若いころ、会社でこんな困った経験をしたことがあるのでは。J-CASTトレンドは、20代~40代の男女6人の社会人に電話対応で困ったときの対処法とエピソードを聞いた。

  • 電話で相手の名前が全然聞き取れない
    電話で相手の名前が全然聞き取れない
  • 電話で相手の名前が全然聞き取れない

「漢字」で教えてもらう

   まず、聞き取れなかったときは6人全員が「もう一度聞き返す」と答えた。

   それでも分からない場合はどうか。20代女性Aさんは、自分が聞こえた言葉を相手にまず伝え、間違っていれば謝りながらもう一度教えてもらう。会社名であれば、電話しながら似た会社名をインターネットで検索して確認する。

   20代女性Bさんも、検索を使う。相手の名前のほか、会社名と部署名で探すことも。広報担当や社長など、名前を公表している可能性があれば、検索でヒットする場合が多いと話す。それでも聞き取れなければ、氏名の表記を「漢字」で教えてもらうこともあるそう。

   営業職の20代女性Cさんは、どうしても聞き取れなかった場合は、大体のニュアンスだけ聞いて先輩に繋いでしまうこともあるそうだ。取引先でよく連絡する相手であれば、それで伝わることも多いと明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!