2021年 8月 4日 (水)

従順な人生 土屋賢二さんは飼い主を思い通りに動かす犬に学ぶ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   週刊文春(6月17日号)の「ツチヤの口車」で、土屋賢二さんが「従順のすすめ」を説いている。ご存じ、哲学者によるユーモア随筆。存分に楽しむには、一行たりとも真に受けないこと。それでも通読すれば何かは残る...という期待もたいてい裏切られる。

「世界的に人権意識が高まっている。それをよそに、わたしは自分の人権を縮小することに成功し、従順一筋の道を歩んでいる」

   冒頭から怪しさ全開である。従順になると何かいいことでもあるのか。筆者はその疑問への答えを後回しにして、そもそも日本人には従順になる下地があると力説する。

「日本人の子どもはほとんど、寝ろと言われれば寝、食べろと言われれば食べ...大した理由もないのに命令に従わされてきた。途中、『個性を伸ばせ』と言われ、従順の道を捨てかけても、浴衣で登校し、授業中編み物をしたりすると、『協調性がない』と注意されるから、個性を目指すのは断念する仕組みだ」

   教育と同じく結婚も重要で、「安楽な生活へのこだわり」を捨てる必要があるという。

「あとはただ摩擦を避けていれば、パチンコの玉が釘に当たっては跳ね返されるように、自分の意思とは関係なく自分の進路が決まる。これが従順な生き方だ」

   自由意思を捨てた人生が面白いのだろうか...筆者によれば、自分で決めないからこそ予想困難でスリルがある。「何もかも思い通りになったらつまらない」と。

  • 犬が従順だとされる理由とは
    犬が従順だとされる理由とは
  • 犬が従順だとされる理由とは

相手の思い通りに

   従順な生き方の根底にあるのは「相手が思い通りにならないなら、自分が相手の思い通りになればいい」という達観らしい。双方が己の思いを通そうとしたら、互いに争いに明け暮れることになる。逆に、自他どちらの思い通りになっても結果に大差はないと知れば、争いのない生き方が手に入る。

「しかも相手の思い通りになれば、相手はわたしに依存するようになる。家来がいなくなった王様ほど惨めなものはないからだ。相手は、わたしが家来をやめないよう、わたしの顔色をうかがうようになる」

   ここで筆者は犬の従順さに触れつつ、一気に結論に向かう。

「従順とは何だろうか。犬は従順だとされるが、それは『お手』などの芸をするからではない。サーカスのライオンやクマも芸をするが、従順ではない。犬が従順だとされるのは、犬は芸をするにも嬉々としているからだ...尻尾を振れば従順なのだ」

   飼い主は犬の散歩に付き合い、餌をやり、ボールやフリスビーを投げて遊び相手にもなる。体調を崩せば動物病院にも連れて行く。こうしてみると...

「飼い主の方こそ犬の思い通りになっているのではなかろうか。どちらが従順なのか、実態は定かではないのである。妻よ。これで少しは従順になる気になってくれただろうか」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!