2021年 8月 3日 (火)

子どもも高齢者も「水分補給不足」 コロナ禍で怖い「マスク熱中症」避けるには

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「熱中症」は、屋外にいるときだけ警戒すれば良いことではない。総務省消防庁 熱中症による救急搬送者の内訳(平成25年~平成30年合計)によると、熱中症発生場所の約 4 割は「住居(敷地内すべての場所を含む)」だ。コロナ禍では高温多湿の環境下でマスクを着用することで起こる「マスク熱中症」リスクもついて回る。

   そうしたなか、日本コカ・コーラの「アクエリアス」は「水分補給や熱中症に関する実態調査」を実施。調査対象者の水分摂取量の平均が「1 日に必要な水分摂取量に満たない」ことが明らかになった。

  • アクエリアス「水分補給や熱中症に関する実態調査」
    アクエリアス「水分補給や熱中症に関する実態調査」
  • 1時間ごとの水分量摂取の目安となる目盛りがついている、アクエリアス熱中症対策ボトル(非売品)
    1時間ごとの水分量摂取の目安となる目盛りがついている、アクエリアス熱中症対策ボトル(非売品)
  • アクエリアス「水分補給や熱中症に関する実態調査」
  • 1時間ごとの水分量摂取の目安となる目盛りがついている、アクエリアス熱中症対策ボトル(非売品)

そもそも「1日に必要な水分摂取量」知らない

   調査対象は、小学校1年生~高校3年生の子どもを持つ保護者516人と65歳~75歳の高齢者208人。

   水分摂取量は年齢や性別、活動レベルにより異なるが、厚生労働省の「『健康のため水を飲もう』推進運動」では「1日2.5リットルの水が必要」としている。だが「1日どれくらいの水分を摂っているか」調べた結果、平均は「子ども1433.0ミリリットル」、「高齢者1776.5ミリリットル」となった。水分は食事からも摂れることから、飲み水としては「1日2リットル」が摂取目安とされているが、子どもも高齢者も足りていない。

1日に飲む水分量
1日に飲む水分量

   そもそも、1日に必要な水分摂取量を知っているのか。「知っている」と答えたのは「子どもで23.8%、高齢者でも55.8%に留まり、「知らない」が多数となった。

   多くの保護者も、子どもに1日に必要な水分量を摂らせることを課題に感じているようだ。調査対象者の「全保護者」のうち、1日に必要な水分量を摂らせるのが「難しい」と答えたのは63.4%に上った。中でも、外出時に子どもに飲み物を持たせている保護者484人に、飲料を持たせるときの悩みを聞くと、「水筒自体が重い」(36.0%)、「残して帰ってくる」(35.7%)が回答として多く挙がった。

子どもに飲み物を持たせている保護者の「飲料を持たせるときの悩み」
子どもに飲み物を持たせている保護者の「飲料を持たせるときの悩み」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!