2021年 7月 27日 (火)

通信制高校から18歳で米国の名門大学院へ 驚異の「異能」支える孫正義育英財団

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本の高校から、いきなり米国の名門大学院に合格した18歳が話題になっている。広域通信制のつくば開成高校出身の金子生弥さん。進学先は、カリフォルニア工科大学大学院。米国ではマサチューセッツ工科大学(MIT)と並び称される理系の難関校として知られる。学年を飛び越す「飛び級」ではなく、大学自体を飛び越してしまったところが驚異的だ。将来は数学の専門的な研究を続けたいという。

  • 高校生が大学を飛び越え、大学院に(写真と本文は関係ありません)
    高校生が大学を飛び越え、大学院に(写真と本文は関係ありません)
  • 高校生が大学を飛び越え、大学院に(写真と本文は関係ありません)

独学で数学を学ぶ

   金子さんの偉業を伝えたのは2021年6月27日の朝日新聞「ひと」欄だ。

   同紙によると、金子さんは中学2年の夏、朝起きて急に数学を学びたくなり、茨城県つくば市の自宅近くの本屋に出かけた。最初は小説「数学ガール」シリーズを全巻読んだが、簡単すぎた。独学で数論の入門書を読破し、中3の秋には早くも論文を発表したという。

   研究時間を捻出するため、通信制高校へ。孫正義育英財団や海外大進学塾「ルートH」の支援を受けて昨冬、カリフォルニア工科大学大学院に挑んだ。有名なスタンフォード大、エール大の学部にも合格した。大学院では数学の超難問「リンデレーフ予想」の解明をめざすという。日本の受験システムとは距離を置き、ひたすら数学に取り組んでいた異能少年の姿が浮かび上がる。

   さっそくネットでは、「本物の天才ですね」「理数系の人材を尊重するべき」「将来のフィールズ賞受賞も期待できる」などのコメントが並んだ。

   事情通からは、「カリフォルニア工科大学に入るだけでも大変なのに、院に飛び級とは」という驚嘆のコメントもあった。

   朝日新聞の「ひと」欄では5月22日、京都大学医学部医学科に高2から飛び級で入学した林璃菜子さんが紹介されたばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!