2021年 9月 24日 (金)

IOCバッハ会長は貴族ではない 「ぼったくり男爵」と言われた男の真の姿

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京五輪を目前に控え、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が2021年7月8日に来日する。米国メディアから「ぼったくり男爵」とまで揶揄されたバッハ会長。実際のところ、何をしている人で、どれくらいの報酬なのだろうか。

  • 「五輪貴族」は名誉とカネの両方を手にする立場になった
    「五輪貴族」は名誉とカネの両方を手にする立場になった
  • 「五輪貴族」は名誉とカネの両方を手にする立場になった

フェンシングで金メダル

   IOCは2015年4月2日、役員報酬の詳細を初めて公表している。AFPが報じたところによると、13年から会長を務めるトーマス・バッハ氏は年間22万5000ユーロ(約2900万円)。

   4人のIOC副会長を含む計14人の理事には、会議や公務で出張する際に日当900ドル(約11万円)が支払われる。他の委員は日当450ドル(約5万5000円)。

   IOCの倫理委員会は当時、「全面的な透明性を確保するために」、計102人の委員と計35人の名誉委員に対する報酬について公表したと述べていた。

   「ぼったくり男爵」と名指しされたバッハ会長は、実は貴族ではない。もともとは独のフェンシングの選手。1976年のモントリオールオリンピックではフルーレ団体で金メダルを獲得している。のちに弁護士となり、著名企業シーメンスの相談役などを務めていた。貴族ではないが、西欧社会のエスタブリッシュメントの一人であることは間違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!