2021年 8月 2日 (月)

「ワクチンの効果落ちている」調査結果 ファイザー製「95%→64%」の衝撃

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスにワクチンはどこまで効くのか。このところ国内はもちろん世界的に再び感染が拡大する中で、改めてワクチンに関心が集まっている。猛威を振るうデルタ株(インド株)に対しては、効果が弱いのではないかという指摘が出ているからだ。製薬メーカーなどがさらなる対応策に取り組んでいる。

  • デルタ株に対応するワクチン開発が待たれる
    デルタ株に対応するワクチン開発が待たれる
  • デルタ株に対応するワクチン開発が待たれる

イスラエルで拡大するデルタ株

   ファイザー製コロナワクチンによる予防効果が、64%に低下しているという調査結果が最近、明らかになった。イスラエルの保健省によるものだ。それまでファイザー社製のワクチンは95%の予防効果があるとされていたので衝撃的な報告だった。

   イスラエルでは、5月までは英国由来のアルファ株が中心だったのに対し、その後、インド由来のデルタ株が広がった。予防効果の低下は、その影響とも考えられる、と米CNNは伝えている。つまりデルタ株に対しては効力が落ちるのではないか、というわけだ。

   ただし、感染者のほとんどは軽症で、入院や重症化の予防効果は90%以上を維持しているという。イスラエルでは6月から外出制限が大幅に緩和されていたことも、デルタ株の感染拡大を加速させた一因とみられている。

   イスラエルは国を挙げて、ファイザー社のワクチン開発に協力してきた。「フォーブス」によると、ファイザー製ワクチンの有効性を確かめる大規模な「試験場」になっていたという。イスラエル政府はその実地データの提供と引き換えに、ファイザーから早い段階でワクチンを大量に確保、接種も進んでいた。今回の調査結果は、ファイザー社とは近い関係にあるイスラエルによるものだけに、「効力低下」に注目が集まった。

   CNNはスコットランドでの研究も紹介している。それによると、ファイザー製ワクチンの防止効果はアルファ株に対して92%、デルタ株には79%、英アストラゼネカ製はそれぞれ73%と60%だったという。デルタ株に対しては、有力なワクチンも効き目がやや落ちる模様だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!