2021年 8月 2日 (月)

新型コロナ感染拡大が異常なスピード 東京「1000人突破」増数は前週比で倍々に

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京で新型コロナウイルスの新規感染者数が、専門家の予想を上回るスピードで急増している。特に注目すべきは、前週の同じ曜日と比べた増加者数に拍車がかかっていることだ。さかのぼると、曜日によっては倍々になっている。

   このペースで増えると、来週以降、これまでに経験したことがないような感染爆発が起きかねないと、専門家は改めて警告している。

  • ワクチン接種が頼みの綱だが
    ワクチン接種が頼みの綱だが
  • ワクチン接種が頼みの綱だが

火曜日、木曜日に

   東京では2021年7月15日、1308人の感染が確認された。2日連続の1000人超え。NHKは「1週間前の木曜日からおよそ400人増えていて、感染の急拡大が続いています」「15日までの7日間平均は882.1人となり、前の週の132.9%となりました」と報じた。

   もう少し詳しく木曜日の感染者数を辿ると、1週間前の8日は896人、さらにその前の1日は673人、さらにその前の6月24日は570人。一週間ごとの増加者を見ると、103人→223人→412人と、ほぼ倍々になっていることがわかる。

   同じような傾向は、火曜日にも当てはまる。感染者の人数は435人(6月22日)、476人(29日)、593人(7月6日)、830人(13日)と増えてきた。増加者数は、41人→117人→237人と、こちらもおおむね倍々の増え方だ。

   すべての曜日がこうした「倍々ペース」になっているわけではないが、前週の同じ曜日の感染者数を上回る日が続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!