2021年 7月 30日 (金)

はつめ高卒後プロゲーマーデビュー ロックで冷静な私の全てを見て

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   高校時代、社会科教員を夢見ていたのに、まさかの親に土下座からの大学進学断念。そして、プロゲーマーへの道、一直線!

   はつめさんが「ロックな生きざま」を爆発させた10代。高校を卒業すると、大きな道が開けていきます。

  • 格ゲーの大会に出たときの1枚
    格ゲーの大会に出たときの1枚
  • 格ゲーの大会に出たときの1枚

誰かの人生のお守りになれたらな

はつめ:高校卒業直後に、栄養食を開発している企業が「面白いから一緒にやってみよ」ってプロサポートを承諾してくださって、企業理念的にも「栄養食で頑張ってる人を応援する」というコンセプトの企業だったので、「夢に向かって頑張るはつめさんを応援したい」とおっしゃってくださって、高校卒業後の春にプロとしてデビューしました。上手くいきすぎてます。

いしたにまさき:おめでとうございます。

はつめ:正直怖いです。そこから一年間は、格闘ゲームのアジア圏の大会に出場しました。結果は残せないものの「ものめずらしさ」で名前を売ることはできたので、ゲーマーとしては正直悔しいですが、ビジネスとしてはある意味成功なのかなと思ってます。

いしたに:ほら、そこもロックさと冷静さが同居してる(笑)。

はつめ:よく「達観しすぎ」って言われます。他人からの評価を気にしすぎるのをよくないってよく言われるんですが、正直他人からの評価でお金もらってるお仕事なので、大事かなって。

いしたに:いや、それ達観とはちょっと違うのかもしれないよね。本人の中では、ロックさと冷静さはつながっていると思うんですよ。でも、それは外から見るとわからない。

はつめ:うんうん

いしたにまさき:冷静な部分の方が費やす時間はどうしても長くなるから、みんなの目線にさらされやすい。でも、ロックな部分は、なにせロックだから時間としては一瞬ぐらい、だからそれを見ている人もさほど多くない。でも、ロックな部分で人生の岐路は変わってしまったりするっていう(笑)。

はつめ:正直、ものめずらしさと謎の自信と、謎のメンタルの強度で生きてきた人間として、こんなどうしようもないよくわかんない人間でも生きてたんだよっていうのを、自分の人生をすべてさらけ出すことで誰かの人生のお守りになれたらなって、常に思いながら活動してます。だから、ロックな部分も、冷静な部分も、全部見せたい!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!