2021年 9月 18日 (土)

ブレンディ「ポーション」が万能 炭酸コーヒーからキャラメルパンケーキまで作れる

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   味の素AGFのコーヒーブランド「ブレンディ」は、牛乳や水に注ぐだけで簡単にドリンクが完成する希釈用の「ポーションタイプ」を販売している。

   実は、これを使えば簡単に様々なアレンジドリンクやスイーツが楽しめる。実際に作ったので、さっそく紹介しよう。

  • 「キャラメルパンケーキ」
    「キャラメルパンケーキ」
  • 「キャラメルパンケーキ」

凍らせるだけで濃いままに

   今回記者が使ったのは、「ポーションコーヒー 甘さひかえめ」と「ポーションコーヒー キャラメルオレベース」の2種。ほかにも「抹茶オレ」「紅茶」などが売られている。

「ブレンディ」のポーションタイプが便利
「ブレンディ」のポーションタイプが便利

   まずは、ドリンクのアレンジ2種。「炭酸コーヒー」と「氷コーヒー」を作った。

炭酸コーヒーと氷コーヒー(左から)
炭酸コーヒーと氷コーヒー(左から)

   炭酸コーヒーは、グラスに「ポーションコーヒー 甘さひかえめ」1個を入れて、炭酸水150ミリリットルを注げば完成だ。炭酸水とコーヒーは一見不思議な組み合わせだが、過去に日本の飲料メーカーから商品化された実績もある、知る人ぞ知るドリンク。

炭酸コーヒー
炭酸コーヒー

   記者は、炭酸水と紅茶を割った「ティーソーダ」は飲んだことがあったが、炭酸コーヒーは初めてだ。普通のアイスコーヒーと比べてさっぱりしていて、よりコーヒーの風味が際立つように感じた。

   氷コーヒーは、ブレンディの公式サイトでレシピが紹介されている。「ポーションコーヒー 甘さひかえめ」を、そのまま凍らせる必要がある。

凍らせたポーション
凍らせたポーション

   凍ったらグラスに入れて、そこに牛乳を注げば出来上がり。通常の氷を入れると時間が経つにつれて溶けて、味が薄まってしまう。しかし、ポーションごと凍らせてしまえば、最後まで濃いままの状態でおいしく飲める。ちょっとした技だ。

最後までおいしく飲めた
最後までおいしく飲めた

   次に、公式サイトで紹介されていた「アフォガード風アイス」。バニラアイスを器に盛りつけ、上からポーションコーヒーをかけるだけ。「甘さひかえめ」のポーションを使った。

「アフォガード風アイス」
「アフォガード風アイス」

   コーヒーの苦みとバニラアイスの冷たい甘さが合体して、ぜいたくな味わいに。大人の夏のおやつに向いてそうだ。ちなみに、アイスが溶けてもおいしく食べられた。いや、飲めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!