2021年 9月 24日 (金)

新型コロナ感染爆発の瀬戸際 急拡大はデータが予測していた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京の新型コロナウイルス感染者数は2021年7月27日、過去最高の2848人を記録した。緊急事態宣言を発令しているのに、いっこうに感染者数が減らない。東京五輪開催に関連して、22日から4連休となり、人出が減ってコロナの抑制につながるのではないかという期待感も一部であったが、真逆の結果となっている。

   感染の拡大は、実はいくつかのデータから予想されたものでもあった。

  • ワクチンが頼みの綱だが
    ワクチンが頼みの綱だが
  • ワクチンが頼みの綱だが

火曜日から増える

   一つは火曜日の拡大。曜日ごとの感染者数を辿ると、東京では月曜日が最低で火曜日から増加するという傾向が続いている。東京都福祉保健局がウェブサイトで理由を説明している。

   それによると、都は毎日、発生届を保健所から受理し、新規患者数として発表している。この発生届は、毎朝9時の段階で、前日の9時からの24時間を取りまとめて、当日分として夕方発表している。通常、検査を実施した日から都に発生届が提出されるまで2~3日かかるという。医療機関は、土曜日・日曜日が休みのところも多い。

   このため月曜が最小人数で、火曜から増える、というのがパターンになっている。ところが今週は26日の月曜に、すでに1429人。前週の月曜を702人も上回り、月曜日としては過去最多となっていた。したがって翌日の27日は、前週の火曜日よりも大幅に増えることが想定されていた。

   曜日ごとに、前週と比較した増え幅も、26日の急増を予測していた。例えば日曜日の場合、4日→11日は96人、11日→18日は394人、18日→25日は755人増。火曜日は同様に、160人→225人→702人と急増している。多い時は前週から3倍ほどの増加。この趨勢を火曜日も踏襲し、237人→557人→1461人。

   直近の日曜や月曜に増加率を考えると、27日の火曜が大幅増になることは十分予測できたといえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!