2021年 9月 27日 (月)

コロナ感染拡大デパ地下や家電量販店で 生活必需品売り場が危険ゾーンに

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大阪・梅田の阪神百貨店や、東京の「ルミネエスト新宿」で多数の従業員が新型コロナウイルスに感染していたことが公表された。逐一報道されているわけではないが、実はコロナの急拡大で、このところ都心の百貨店では毎日のように感染者が出ている。家電量販店なども含めて、各大型商業施設は対策に追われている。

  • 感染拡大に歯止めがかからない状況は心配だ
    感染拡大に歯止めがかからない状況は心配だ
  • 感染拡大に歯止めがかからない状況は心配だ

毎日10人前後

   大阪市北区の「阪神梅田本店」では2021年7月26日以降、従業員など115人の感染が分かり、31日から2日間全館臨時休業した。関西テレビによると、感染者の8割は、食品売り場の従業員だった。クラスターだと判明したが、原因はわかっていないという。8月4日段階では、感染者は128人に増え、地下1階と1階の食品売り場は再開していない。

   JR新宿駅東口そばの「ルミネエスト新宿」は8月4日、臨時休業した。朝日新聞によると、7月21日以降、衣料品や飲食の店舗のスタッフら59人の感染が確認されたためだ。感染経路はスタッフの家庭や友人経由だと判明しており、クラスターではないという。逆に言えば、クラスターではないのに一施設で50人以上が感染するという異常事態となっている。

   さらに8月4日夕には、日本テレビが「伊勢丹 1週間で73人感染 一部売り場休業」を報じた。伊勢丹新宿店では、7月末から従業員の感染が増え、8月3日までの1週間は、毎日10人前後の感染が判明。感染者の多い食品売り場では洋菓子や総菜など15のショップが休業しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!