2022年 12月 7日 (水)

コロナワクチン2回接種では不安 デルタ株には効果激減で「戦況変わった」国も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

ジェトロも関心

   ドイツは、いち早く新興製薬企業のビオンテックが新たな原理に基づいてワクチンを開発した国だ。米国は、そのビオンテックと協力関係にあったファイザーのほか、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどもワクチンを開発。最先端科学・医療知識を駆使して対コロナの闘いの先頭を走ってきた両国が、相次いでワクチン効果の見直しに踏み切った影響は計り知れない。

   米国と関係が深く、すでに6~7月の自国内調査で、デルタ株に対するワクチン効果が低下していることをつかんでいるイスラエルは、8月から高齢者に対し、3回目接種に踏み切っている。

   日本政府は現在、「2回接種率」の向上に全力を挙げているが、遠からず「3回目」についての対応を迫られることになりそうだ。

   こうした諸外国の最新動向については、海外と経済関係の深い日本貿易振興機構(ジェトロ)も強い関心を示している。2日、ウェブサイトで「米CDC、ワクチン接種完了者でもデルタ株感染させるリスクを指摘」というニュースを公開、会員らに注意を呼び掛けている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!