2021年 9月 23日 (木)

新型コロナ「自宅療養」激増の懸念も 自治体が患者にインスタント食品配る事情

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   政府は新型コロナウイルス感染症の重症患者や重症化リスクの高い人を除き、自宅での療養を基本とする方針を2021年8月2日に打ち出した。8月5日の東京都の新規感染者は、5000人を突破。今後、自宅療養者の数が増大する懸念がある。

   自宅で療養する患者への配慮から、配食サービスを用意している自治体は多いが、内容はまちまちだ。東京都をはじめ、インスタント食品のセットを用意しているところも。

  • カップ焼きそばや缶詰を用意(画像は東京都福祉保健局公式サイトから)
    カップ焼きそばや缶詰を用意(画像は東京都福祉保健局公式サイトから)
  • カップ焼きそばや缶詰を用意(画像は東京都福祉保健局公式サイトから)

千葉県も主にインスタント食品

   東京都では、「自宅療養者フォローアップセンター」が配食を行っている。都福祉保健局サイトに掲載されている食品例の写真を見ると、レトルトの中華丼、缶詰、カップ焼きそば、海藻サラダ、スナック菓子と、インスタント食品で構成されている。

   日テレNEWS24の8月4日の報道は、実際に都から自宅療養者に届いた食品を紹介している。3箱のダンボールの中身は、やはり海藻サラダやふりかけ、カップ焼きそば、缶詰といった内容で、日本テレビの取材に応じた療養者は「非常食ですよ」と形容していた。

   千葉県公式サイトによると、千葉市、船橋市、柏市以外については、 配送サービスの内容は「ごはんパック、レトルト食品、缶詰、スープ、飲料、ビタミンゼリー等」7日分と、都と同じくインスタント食品を中心としている。

   大阪府堺市の「自宅療養等応援パック」。「食料品リスト」には無菌米飯(パックご飯)、レトルトカレー、レトルト丼、缶詰などが記載されている。中には「総菜」という項目もあるが、インスタント食品ばかりだ。

   一方、名古屋市の配食サービスでは、1日3食分の「常温食」を提供。療養者には毎日昼・夕計2回の配達を行っているという。公式サイトのイメージ写真を見ると、朝食はパンとインスタント食品のようなコーンクリームスープだが、昼・夕食は弁当だ。ゴーヤチャンプルーや切り干し大根、ホウレンソウといったおかず類と、ご飯で構成されている。

   大阪府枚方市では、自宅療養者向け配食サービスで「Aコース」と「Bコース」を用意している。「Aコース」は弁当が毎日配達され、Bコースでは、10日間分のレトルト食料品が提供される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!