2021年 9月 19日 (日)

コロナクラスター学習塾で急増 「ワクチン対象外」の子どもに広がる危機

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスの感染が急拡大する中で、「学習塾」のクラスターが目立っている。学校は夏休みだが、塾には行くという子どもが多い。今のところ12歳未満の子どもはワクチンの対象外。それだけに保護者には不安が募る。

  • 子どもをコロナ感染から守りたい
    子どもをコロナ感染から守りたい
  • 子どもをコロナ感染から守りたい

講師に「せき」の症状

   NHKの7日の報道によると、千葉県船橋市にある学習塾、「湘南ゼミナール小中部西船橋教室」では同日までに小学4年生から中学3年生までの児童生徒43人と職員3人の46人の感染が確認された。

   塾ではマスク着用などの感染対策がとられていた。しかし、せきの症状のあった講師が感染発覚までの数日間にすべてのクラスを教えていたという。

   同県八千代市にある学習塾「早稲田アカデミー勝田台校」でも10代の児童生徒19人と職員1人のあわせて20人の感染が確認された。

   静岡県浜松市でもクラスターが発生した。中日新聞は4日、市内の学習塾で3日までに講師や生徒19人、家族1人の計20人の感染を確認したと報じている。

   「あなたの静岡新聞」によると、この塾では、生徒は座席を1席ずつ空けて座り、授業中の講師や生徒のマスク着用は徹底していたという。ただ、休み時間などに窓を開ける換気は行われない時があり、徹底されていなかった可能性がある、という同市の見方を伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!