2021年 9月 23日 (木)

ワクチン2回接種後の「本当の効果」 東京「死者2人」の事情をひもとく

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスのワクチン効果について、様々な調査結果が出ている。多くの人にとって気になるのは、2回の接種を済ませたら大丈夫なのかということ。大阪府は「重症者も死者もゼロ」だというが、東京都は「死者2人」。調査結果に多少のばらつきがあり、2回接種後も油断できない状態だ。

  • 今もワクチン接種が続いている
    今もワクチン接種が続いている
  • 今もワクチン接種が続いている

軽症が多い

   大阪府は2021年8月18日に開いた新型コロナウイルス対策本部会議で、ワクチンと感染の関係を公表した。産経新聞によると、3月1日から8月15日までに確認された新規感染者計約8万5000人のうち、2回目のワクチン接種後、免疫を獲得するとされる2週間以上が経過して発症した人は317人(0.4%)にとどまっていたという。重症者や死亡者はいなかった。

   吉村洋文知事は対策本部会議後の記者会見で、「ワクチンを2回打って14日たてば発症自体を抑え、重症化や死亡リスクを下げる効果が非常に高い」と語った。

   一方、東京都では、ワクチンを2回接種したにもかかわらず、2人目の死者が出たことが報じられた。1人は70代の女性で、6月中旬に2回目のワクチン接種を済ませていたが、7月29日に感染が確認され、今月16日に死亡した。もう1人は60代の男性で、今月12日に亡くなったという。

   こうした情報は、散発的に各自治体から発信されている。埼玉新聞によると、埼玉県では12日、県管轄で968人が新規感染。そのうちワクチン2回接種済みが36人で、いずれも重症化していないという。

   読売新聞によると、和歌山県では、7月11日から8月10日の新規感染568人のうち25人は2回接種を終えていた。大半は軽症か無症状だったが、2人は酸素投与が必要だった。しかし、人工呼吸器が必要なほど重篤になる例はなかった。

   仙台市では、7月中旬から8月18日までの新規感染者約1600人のうち、60人が2回目の接種後に感染していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!