2021年 9月 19日 (日)

「iPhone 13」新機能に期待するが スマホの進化そろそろ「行き止まり」では

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「iPhone 13」(仮称)への期待が、インターネット上で高まっている。2020年は10月だったものの、新機種の発表は毎年9月に行われることが多い。

   2007年発売の初代iPhone以降、顔認証、3眼カメラの導入、ホームボタンや指紋認証の廃止、画面の大型化と、機能の追加や見直しを続けてきたiPhone。もはや、あっと驚くレベルの進化は難しいのでは――。

  • iPhoneはこれ以上進化できるのか
    iPhoneはこれ以上進化できるのか
  • iPhoneはこれ以上進化できるのか

去年と比べてデザインが...

   ネット上では「iPhone 13」の様々な予想や憶測が出ている。まずは「画面内指紋認証」。ディスプレー上で指紋を読み取り、端末のロックを解除できる機能を指す。2021年1月16日付の米ブルームバーグは、アップルがこの開発を進めていると報じた。

   端末に保存できるデータ容量の増加も予想されている。米メディアサイト「MacRumors」8月17日付記事によると、米投資企業「Webbush」所属アナリストのダニエル・アイブス氏は、1テラバイトというデータ保存容量がiPhone13のハイエンド(上級)モデルに搭載される、と話している。これまでの最大容量は「iPhone XS」から登場した512ギガバイトで、1テラバイトだとこの約2倍だ。

   充電やデータ転送で用いられる「Lightningケーブル」廃止という説も。19年12月5日付の米メディア「AppleInsider」によると、中国の証券会社「TF Securities」のアナリスト・「Ming-Chi Kuo」氏も、21年秋に発売されるiPhoneではケーブルを廃止し、充電手段などを完全ワイヤレス化にするのではないかとの予想を語っていた。

   J-CASTトレンドは、スマホ・ケータイジャーナリストの石川温氏に見通しを聞いた。

   例年であれば発表が近づくと、中国のスマホケースメーカーから、新たなiPhoneケースの商品情報がネットを経由して流れてくることが多いという。iPhoneの形状が変わるなら、事前にアップルから図面を伝えられたメーカーは、それに合わせた品を製作する。ただ、今年はそうした動きがあまり見られないと明かす。

   新型コロナウイルスの影響で情報が出にくくなっている可能性があるが、石川氏によると、「今年のiPhoneは去年と比べてデザインが変わらないのではないか、という見方もできます」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!