2021年 12月 8日 (水)

iPhone「折り畳み式」登場のウワサ 先行メーカーの売れ行きイマイチだが

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米アップルが、折り畳み式の携帯電話を集中的に開発していると、中国紙・経済日報(電子版)が2021年8月25日に報じた。

   これまで、韓国サムスン電子ほかが本体ごとディスプレーを折り畳めるスマートフォン(スマホ)を出している。報道が事実なら、アップルの「iPhone」が折り畳み式になる日が来るかも。

  • 携帯電話は折り畳み式から進化してきたが 今度iPhoneが畳めるように?(画像はイメージ)
    携帯電話は折り畳み式から進化してきたが 今度iPhoneが畳めるように?(画像はイメージ)
  • 携帯電話は折り畳み式から進化してきたが 今度iPhoneが畳めるように?(画像はイメージ)

「研究開発はしていると思います」

   スマホ・ケータイジャーナリストの石川温氏に取材すると、折り畳み式スマホ市場を牽引しているのはサムスンだと話す。2021年8月27日には韓国や米国で「Galaxy Z Fold3」・「Galaxy Z flip3」を発売した。

   また中国ファーウェイから「Mate Xs」、米モトローラ・モビリティから「Motorola Razr」が出ている。この3社が折り畳み式スマホの中心メーカーだ。

   ただ、普及は「まだまだ」。主な理由と考えられるのは端末代金が高いこと。20年11月にauをキャリアとして日本国内で発売された「Galaxy Z Fold2」は25万9980円(税込)だ。他メーカーの端末も高価で、最新のスマホを他人に自慢したい層など、まだ一部の人しか手にしていない状況だという。

   ただ新発売の「Galaxy Z flip3」は999.99米ドル。日本では未発売だが、日本円で約11万円と以前の機種より安い。他社のハイエンド(上級)モデルのスマホと同等の値段になったと石川氏。また、国内ではFlipを扱うキャリアはauのみだったが、「Flip3」はNTTドコモも販売する。取り扱いキャリアが増えるため、これまでのモデルよりも売れるのではないかと分析した。

   石川氏によると、アップルの折り畳み式スマホの実際の開発状況がどの程度かは不明だが、「研究開発はしていると思います」。ただ、製品化されるとは限らない。今後サムスンの折り畳み式スマホが人気となり、市場シェアが拡大すれば、アップルも対抗して折り畳みを発売していくのではないかと推測した。「(アップルは)業界の動向を見ているのではないかと思います」。

   またサムスンやモトローラーは過去に、折り畳み式の携帯電話(ガラケー)を作っていた実績がある。加えて、サムスンはグループ会社が曲がるディスプレーを開発しており、折り畳みスマホの開発にあたりグループ力という強みを持つ。このようなノウハウのないアップルには技術的なハードルが高く、「キャッチアップする(追いつく)には時間がかかるのではないか」と指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!