2022年 12月 10日 (土)

駅の個室型ボックスでオンライン会議 ひとりオフィスなかなか快適

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   首都圏の鉄道駅構内で、電話ボックスを大きくしたような「個室型のシェアオフィス」を見かける。

   インターネットでは、移動の合間にビデオ会議をしたという報告を見かける。快適に会議ができるものなのか、実際に利用してみた。

  • 7月6日時点の東京メトロでは24駅43台ある、ほかにも私鉄などにも設置されている
    7月6日時点の東京メトロでは24駅43台ある、ほかにも私鉄などにも設置されている
  • モニターは十分な大きさ
    モニターは十分な大きさ
  • 7月6日時点の東京メトロでは24駅43台ある、ほかにも私鉄などにも設置されている
  • モニターは十分な大きさ

15分単位で利用できる

   富士フイルムビジネスイノベーション(旧・富士ゼロックス、東京・港)が展開する「CocoDesk(ココデスク)」で、J-CASTトレンド記者は「Zoom」を使ったオンライン会議に参加することにした。

   事前に、公式サイトからの会員登録とクレジットカードの登録が必須だ。利用者専用サイトから、場所と時間を選び、15分単位・275円(税込)で利用できる。

   都内のある駅で、30分の予約を取り個室に向かう。時間前に着いたので、中に人がいないことを確認し、スマートフォンから専用サイトにアクセス。そこに表示された開錠ボタンを押すと、無事に入ることができた。

   中は清潔な印象で、広さは大人一人が少しくつろげる程度。使いやすい椅子に、パソコン(PC)や資料を広げるのに十分な大きさのデスク、クーラーやモニター、コンセントと、USBプラグが設置されている。HDMIケーブルも備え付けられているので、急なビデオ会議にも対応可能だ。背部に、荷物や上着のかけられるフックもあったが、足元にも十分なスペースがある。Wi-Fiは利用時間になると接続できた。

駅のアナウンスは相手に聞こえたが

   PCを起動し、「Zoom」に接続して会議スタート。映像・音声ともに問題ない。扉を閉めているとはいえ、人の声や改札音、電車の通過音が聞こえた。会議の相手にたずねると、こうした音は聞こえなかったが、駅のアナウンス音声は、内容はわからないが耳にしたという。とはいえ、記者の話し声を遮るほどではなかったとのことだ。会話は、特に支障はなかった。

   予約終了時間の5分前になると、終了時間までのアナウンスが流れる。予約サイトからの延長は可能だが、今回は利用しなかった。3分前、1分前にも流れ、終了時刻にWi-Fiの接続が切れたのを確認し、ブースを後にした。

   短時間でのオンライン会議をやってみて、ノイズを気にせずプライバシーを守れる空間として、快適に利用できた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!