2021年 9月 21日 (火)

新型コロナ「抗体カクテル」に飲み薬 進む治療薬開発、あの「アビガン」も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルスでは予防策としてのワクチンが重視されているが、このところ治療薬にもスポットが当たっている。とりわけ、「抗体カクテル」による治療が大きな成果を上げていることが注目されている。開発途中の治療薬も多く、コロナに対しては、「ワクチン+治療薬」で対応する体制が少しずつ進みつつある。

  • コロナには「ワクチン+治療薬」で対応へ(画像と本文は関係ありません)
    コロナには「ワクチン+治療薬」で対応へ(画像と本文は関係ありません)
  • コロナには「ワクチン+治療薬」で対応へ(画像と本文は関係ありません)

95%の患者に効果

   スポニチアネックスは2021年9月9日、格闘家の前田日明氏(62)がコロナから生還した話を報じている。

   それによると、前田氏は高熱が続き、病院で検査を受けたとき、すでに左肺は肺炎状態。医師には「早ければ1日、遅い人は3日で肺炎が全体に及んで、酸素吸入に陥っていたかも」と告げられたという。「たまたま空きが出た」抗体カクテル療法を受けて症状が改善。点滴を受けた翌々日には36度台後半~37度台まで熱が下がったとのことだ。

   前田氏が受けた抗体カクテル療法は、まだ始まったばかりだが、大きな成果を上げている。この療法で、95%の患者の症状が改善したことが、9日の東京都のモニタリング会議でも報告された。

   NHKによると、東京都は116の医療機関で抗体カクテル療法を受けた420人を調査。

   その結果、95%余りにあたる400人は症状が改善したという。

   投与のあとも症状が改善せず入院を続けている人は19人にとどまるという。

   発症から投与までの期間をみると、改善した患者の56%余りは4日以内、改善しなかった患者の63%余りは5日以降。早期の治療で効果が出る傾向があることが分かったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!