2022年 5月 20日 (金)

ワクチンパスポート 大江千里さんが伝えるNY市民の建前と本音

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「自由の街」でさえ

   大江さんは61歳。関西学院大在学中の1983年にシンガーソングライターとしてデビュー、渡辺美里や松田聖子らにも楽曲を提供した。2008年に渡米し、ジャズピアニストとして活動している。ニューズウィークでの連載は今作で23回目となる。

   かれこれ2年近くなる人類と新型コロナの戦い。多数の死者を出した欧米は国を挙げてワクチン接種に取り組み、いいところまでいきながら、行動制限の緩和と感染再拡大を繰り返している。一進一退の状況の下、感染を抑えながら経済をどう回すかが各国共通の課題である。ワクチンパスポートはそんな試みのひとつ。日本でも年内をめどに、飲食店での飲酒や国内旅行の「許可証」として、デジタル化のうえ導入が検討されている。

   大江さんの報告は、現地の最新事情を知るうえで有益だ。ファクトだけなら日々のニュースで知ることができるが、住民の本音と建前はその社会に飛び込まなければ見えづらい。ニューヨーカーたちが差別を戒めながら、実は未接種者が交じる社会を嫌がっているという観察は、外からではうかがい知れないものだ。

   強い副反応を経験したにもかかわらず、3回目を「もちろん打つだろう」と言い、ワクチン証明を急いでデジタル化する大江さん。あらぬトラブルへの不安と、社会からのプレッシャーを窺わせる。「自由の街」NYでさえそうなのだ。もともと同調圧力が強い日本でどんな分断が起きるのか、東京の足元から聴こえる「音」に耳を澄ませたい。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!