2021年 10月 23日 (土)

ワクチン副反応で発熱「冷却シート」をおでこに 「体温下がらない」医師が指摘

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスのワクチン接種で、副反応の発熱に苦しむ人がいる。対策として、「冷却シート」が重宝されている。ツイッターには、高熱が出て「おでこに貼った」といった書き込みが多数ある。

   素朴な疑問だが、おでこに冷却シートを貼ったら、体温は下がるのか。J-CASTトレンドは、「五本木クリニック」院長の桑満おさむ医師に取材し、冷却シートの役割について聞いた。

  • 冷却シートをおでこに…の意味(画像はイメージ)
    冷却シートをおでこに…の意味(画像はイメージ)
  • 冷却シートをおでこに…の意味(画像はイメージ)

「スッキリして気持ちいいよ、という程度」

   桑満医師は、日常生活にあふれている医学についてブログで分かりやすく解説している。 冷却シートを、体温を下げる目的で使えるか。桑満医師の答えは「ノー」だ。

「冷却シートは発熱時の火照った体に貼って不快感をなくすものであって、解熱、つまり熱を下げる効果はありません。貼るとスッキリして気持ちいいよ、という程度」

   冷却シートの使用自体が「意味なし」というわけではない。「清涼感が得られる」点がメリットだ。発熱すると、頭がぼーっとする。つらくて眠れなくなる。そうした時、おでこに貼ることで、貼った部分がすーっとして、快適に眠れるようになるかもしれない。十分な睡眠は、体力回復には大切だ。気持ちを楽にする助けとして使うのは「あり」だと桑満医師。

   冷却シートを「首周り」「脇」「太ももの付け根」に貼ることについては、こう説明した。

「体温を下げる効果はないので、わざわざその3か所ではなく、気持ちいいと感じるおでこに貼ったら良いのではないでしょうか」

   では、実際に発熱時、体温を下げるにはどうするか。桑満医師によると、冷凍庫で冷やして使う冷却枕や氷枕を当てると良い。こちらは、「体温を下げる効果があります」。その際、おでこよりも、「首周り」「脇」「太ももの付け根」の血管の3か所に当てると、より効果的に冷やせる。理由は、体の表面に近く、太い血管が通っているからだ。おでこには、太い血管は通っていない。

「太い血管を冷やすと、冷えた血液が全身を回り、体温が効率よく下がります」

   使うときは、肌に直接当てず、タオルに包むか洋服の上から当てるようアドバイスした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!