2021年 10月 23日 (土)

池袋暴走事故で90歳に実刑確定 高齢受刑者を収監? 刑の執行停止ある?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京・池袋で2019年4月に起きた暴走事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われていた旧通産省工業技術院の元院長(90)について21年9月17日、実刑判決が確定した。歩くのもおぼつかない様子がテレビなどで報じられているが、このままだと近日中に刑務所に収監される見通しだという。

  • 実刑判決が確定した
    実刑判決が確定した
  • 実刑判決が確定した

「罪を償いたい」

   東京地裁は2日、元院長が運転していた車両には異常はなく、アクセルとブレーキの踏み間違いが事故原因と認定。禁錮5年を言い渡していた。控訴期限の16日までに検察、弁護側双方が控訴しなかった。

   各紙の報道によると、元院長は「ブレーキとアクセルの踏み間違えはなかった」と一貫して無罪を主張したが、15日に面会した犯罪加害者家族の支援団体代表に「遺族に申し訳ない。罪を償いたい」と話していたという。

   今後はどうなるのか。時事通信によると、刑事訴訟法には、健康を著しく害する場合や70歳以上の場合、検察官の裁量で刑の執行を停止できる規定がある。ただ、実際に停止されたケースは少なく、収監される公算が大きいとのことだ。元院長自身も収監を受け入れる意向だという。禁錮刑のため刑務所での労務作業は科されないらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!